美術品評価(時価評価・相続評価)

美術品の適正な評価、買取りのお手伝い

M&Iアートでは、お客様の資産である美術品の適正な評価、鑑定、買取をお手伝いするアート・アプレイザルサービスを行なっております。美術品の評価、鑑定、買取など美術品運用におけるすべての対策をお任せ頂けます。

M&Iアートは、絵画、彫刻はもとより、中国美術や茶道具、刀剣まであらゆる分野の美術品評価をお手伝いいたします。

美術品の時価会計対策は万全ですか?

美術資産は、会計制度改革により不動産や有価証券と同じように時価評価の対象となりました。これまで美術品は、多くの場合固定資産として取得原価で 評価されてきました。しかし、時価会計導入が義務づけられたことにより、美術資産も時価での評価を必要とされ、企業会計の透明性を高めることが求められる ようになりました。

ご所蔵の美術品の資産価値を正確に把握されていますか?

「倉庫に眠ったままの作品があるのだが・・・」
「いずれは評価しなければならないだろう・・・」
・・・等々。まずはご相談ください。M&Iアートはどのようなご質問、ご要望にも対応・解決させていただきます。

作品の保管場所へ弊社専門スタッフを派遣いたします。

作品の出し入れから整理まで、すべて弊社スタッフが行います。作家名、作品名、技法、サイズ、制作年、作品の保存状態等を調査し、「作品評価書」の基となる「作品台帳」を作成いたします。

高い精度と信頼性を有する「作品評価書」を提出いたします。

M&Iアートが発行する「作品評価書」は、国税庁の定める「精通者意見」に該当し、税務当局や監査法人にも認められています。その精度と信頼性において、長年にわたり数多くの取引先から高い評価を得てまいりました。

ご所蔵の美術資産の相続や評価等のご質問にお答えします。

相続税対策の例として、国・公立美術館等に寄贈したり、自ら公益性の高い財団法人を設立することによって、税務上の優遇措置を受けることができま す。このほか、美術品を最優先で物納出来る国の登録美術品制度などがあります。M&Iアートでは法務・税務のスタッフも起用し、具体的にアドバイ スいたします。

評価費用等料金について

2022年10月1日改定

(1)登録料:

【法人のお客様】:作品の数に係らず、初回に限りお申込み1件あたり110,000円(消費税込)

【個人のお客様】:作品の数に係らず、初回に限りお申込み1件あたり55,000円(消費税込)

(2)評価手数料:

美術品1点につき11,000円(消費税込)

(3)作品評価に係る経費:

調査派遣料1人1日当たり55,000円(消費税込)
調査員の交通費、宿泊費、作品の運送費用、保険料等の費用が生ずる場合は、その実費を請求させていただきます。
なお、買取をさせていただく場合は、別途ご相談を承ります。

※作品の真贋鑑定については弊社が鑑定機関への手続きを代行致します。
※鑑定料その他の必要経費(実費)はお客様負担となります。
※代行手数料は別途頂戴いたします。
※ABL案件、破産、会社更生法、民事再生法関連の美術品資産などについては個別にご相談を承ります。

美術品評価のご依頼の要項・費用・ご連絡窓口などはこちらをご参照ください。

お客様から得た情報は、弊社が責任をもって厳重に管理し、
お客様のご要望に沿った目的以外に使用することはありません。

まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから
  • 森ビル株式会社
  • 森美術館
  • 六本木ヒルズ